<< ガトーショコラ | main | 本柚子マーマレード >>
マーマレードについて

出身地である宮城県からこちら静岡に越して来たばかりの頃、
お店で普通に売っている地元産の柑橘類の種類の豊富さに驚きました。
温暖な気候で育つ柑橘類。住宅の庭に大きな夏みかんの実がぶら下がる、
という光景は、寒冷な東北地方では目にしたことの無い新鮮な景色でした。

たまたま夫の実家の庭に大きな八朔の木があり、
以前からその実を分けてもらってマーマレード作りをしてました。
静岡で採れるいろいろな品種の柑橘類それぞれで
マーマレードを作ったらおもしろいだろうな・・・
実際やってみたら、「マーマレード」とひとくくりにするのは惜しいほど
さまざまな味わいが生まれました。

マーマレードやジャムのとろみの素である「ペクチン」は
柑橘類の種や薄皮にたくさん含まれています。
皮と果肉、そして種まで活用する無添加のマーマレード作りは
出来上がった一匙のマーマレードからは想像しがたいほど
手間暇がかかりますが、作り方や配合、煮詰め方ひとつとっても
仕上がりが変わり、その分作り甲斐があります。

杜屋のマーマレードは、合成ペクチンなどの添加物を使わず
果実と砂糖だけで作るのはもちろん、
皮だけではなく果肉と果汁も惜しげなく使用するので
柑橘果実の爽やかでフルーティーな味わいが特徴です。

杜屋のマーマレード、そしてジャムも、全種類国産果実を使用。
特にマーマレードは皮も使うため、
原料には農薬を使わないで栽培された果実を使用し、
果実が最もおいしい旬の時期に一気に瓶詰め加工しています。
売り切れたら次のシーズンまでお休み。
「こたつでみかん」と言う通り、冬の入りから春先にかけてが柑橘類の旬。
大体12月の青島みかんから4月の甘夏柑の季節が
杜屋のマーマレードシーズンです。

近年は自宅の庭で育てている甘夏柑、花柚子、レモンの実が
少しずつ収穫できるようになりました。
自家栽培「杜の畑シリーズ」
無農薬無化学肥料露地栽培の果実を使った
素材の持つピュアな力強い味わいを楽しめるとっておきのマーマレードです。

甘夏柑の花杜の畑の甘夏柑

   マーマレード製造時期(果実収穫状況により種類と時期は年により異なります)

  • 11月〜12月 本柚子
  • 12月〜 1月 青島みかん・花柚子(自家栽培)
  •  1月〜 2月 八朔・ポンカン(実家で栽培)
  •  2月      伊予柑・ハムリンオレンジ
  •  2月〜 3月 金柑
  •  3月〜 4月 清見・甘夏柑(自家栽培)
  •  2月〜 5月 レモン

     ※ 時期により、在庫の種類がかなり変動します。
       ご注文前に「瓶詰在庫状況」をご確認下さい。
| マーマレード |
スポンサーサイト
| - |